閲覧数人気ページランキング

病院で言語聴覚士による指導を受ける

吃音 病院

 

吃音はれっきとした病気です。

 

ですから、自分で行った治療が上手くいかなかったり
専門家の指導にしたがって治したいと考えれば、
病院でどもりを治療するのは良い手段でしょう。

 

 

病院での治療法

病院に行くとなれば、まず気になるのが
一体どこの科にかかればいいのだろうか、ということだと思います。

 

どもり治療を行う科は、

 

心療内科

心身医学を内科の領域で実践する科であり、主に心身症を扱う。
心身医学とは、心と体、取り巻く環境なども考慮して
それぞれの要素を分けずに統合的に治療していく、といった医学である。

 

精神科

精神疾患を主に扱う科であり、不安、抑うつ、不眠、
幻覚、妄想・・・といった心の症状や病気を治療する。

 

耳鼻咽喉科

耳、鼻、のどを診療の対象としており、また
感覚や言語の障害、コミュニケーションの障害を扱う科である。

 

・・・この三つになります。
上であげた三つに加え、原因や症状によってはリハビリテーション科や
口腔外科の受診をすすめられる場合もあります。

 

吃音 病院

 

ただし、まだまだ吃音治療を受けられる病院は全国でも少なく、
あったとしても子どもの吃音専門である場合が多いのが現状です。
どもり改善の良質な指導を受けられる病院を探すことは
重要ですが、同時に難しいことだと言えるでしょう。

 

 

言語聴覚士とは

次に、どんな治療を行うのかが気になると思います。

 

耳鼻咽喉科やリハビリテーション科では言語聴覚士による言語指導
心療内科や精神科では
臨床心理士などによるメンタル面からの治療が中心になります。
つまり、大まかに分けて体の治療と心理的な治療があるのです。

受診科 治療を行う人 治療内容
体の治療 耳鼻咽喉科、

リハビリテーション科

言語聴覚士    言語指導中心
心理的な治療 心療内科、精神科 臨床心理士 メンタル面からの治療中心

 

 

ここでは言語聴覚士による治療を紹介しますね。
言語聴覚士」という存在、あなたはご存知でしょうか?

国家資格であり、医師の指示のもとに
音声、言語、聴覚、嚥下機能に障害がある人に対して検査、訓練を
行う人たちで、言葉によるコミュニケーション障害の専門家です。
スピーチセラピスト(SP)とも呼ばれています。

 

この言語聴覚士による指導を受けることで
改善トレーニングに励み、どもりを治していきます。

 

現在言語聴覚士が勤務している病院や施設は増えていますが、
それでもまだまだ数も経験も十分とは言えません。

 

病院で治療を行う場合は、頼りになる言語聴覚士がいるかどうかを
事前にしっかりとチェックすることが重要になります。

 

 

どもりと言語聴覚士

経験豊富な言語聴覚士の指導を受けられることになっても、
それですぐにどもりが改善されるとは思ってはいけません。

 

吃音 言語聴覚士

言語聴覚士は言葉の障害の専門家ではありますが
吃音治療の専門家ではないのです。

 

彼らは幅広い分野を扱っていて、どもりの治療は
その中の一部であるということを忘れてはいけないでしょう。
どもりの治療法だけを専門に学んだわけではないのです。
言語聴覚士による吃音治療は、
これからの発展が待たれる分野です。

 

指導・訓練の内容

そして、実際にはどんな指導や訓練が行われるのかというと、

 

    吃音 訓練

  • 楽に話せるようになるテクニックを指導
  • なめらかに話す方法を指導
  • 苦しい重度のどもりの症状を軽度のものへと緩和する
  • 遅延聴覚フィードバックなどの機器を使った訓練
  • 物事の考え方を変える認知行動療法

 

・・・など、近年では言語症状の改善だけではなく、
心理面や社会面、感情面についても考慮した治療が行われています。

 

遅延聴覚フィードバックについては、
この後のページで詳しく説明していきます。


 

 

 

 

吃音改善