閲覧数人気ページランキング

ストレッチで話し下手解消

吃音 ストレッチ

 

吃音改善とストレッチ・・・。
一見すると結びつかない治療法ですが、
ストレッチを行って体の強ばりや緊張を
解きほぐすことは、どもりの改善に有効なのです。

 

 

ストレッチで体を柔らかに

吃音 ストレッチ

ストレッチや柔軟体操で
体を柔らかくすることによって

全身の血流やリンパの流れを改善すると
体の自然治癒力が高まります。

 

そうなれば脳への血流が促進され落ち着いた、
リラックスできる状態が作られる
のです。

 

体と心がリラックスすれば吃音も減って
話し下手を解消することができるでしょう。

 

まずは、ちょっとした合間の時間に簡単にできる
体をほぐすストレッチを紹介しますね。

 

 

首のストレッチ

 

首のストレッチ その1

 

首をゆっくり大きく円を描いて回す

 

右回りと左回りを交互に、2回ずつ行う

 

吃音

 

 

首のストレッチ その2

 

両手を組んで後頭部に添える

 

後頭部に添えた手を押し上げつつ、首をゆっくりと前へ倒す

 

押しきったら頭を上げ、同じ動作を3回繰り返す

 

吃音

 

 

首のストレッチ その3

 

両手を横から背後に回して、背中の腰のあたりで握手のように組む

 

軽く口を開いた状態で、そのままゆっくりと顎を上げていく

 

口を開いたまま天井の隅に向くように、苦しくない位置まで上げる

 

口を開き顎を上げた姿勢を20秒保ってから元の体勢に戻る

 

吃音

 

 

首のストレッチ その4

 

両手を横から背後に回し、背中の腰のあたりで握手のように組む

 

両手を組んだ状態で、首を左右にゆっくりと倒していく

 

左右に倒す動きを1セットとして、5セット行う

 

吃音

 

 

肩のストレッチ

 

肩のストレッチ その1

 

両手の指先を両肩につける

 

肘から回すようにして指をつけた両肩を大きく後ろに倒す

 

反対に、同様にして前にも倒す

 

前後に倒す動きを1セットにして、3セット行う

 

吃音

 

 

肩のストレッチ その2

 

左腕を胸の前に水平に上げる

 

肘のところを右手で持って、胸の方に向かって引き寄せる

 

手を入れ替え、同じことを右腕でも行う

 

左右の腕を入れ替えて行うのを1セットとし、5セット行う

 

吃音

 

 

腕のストレッチ

 

腕のストレッチ その1

 

両手を組んで、その手を、手の平側を上に向けて頭の上に伸ばす

 

両手を頭上に伸ばしつつ、体をゆっくり右へと倒す

 

同様にして左にも倒す

 

左右変えて行うのを1セットとして、3セット行う

 

吃音

 

 

腕のストレッチ その2

 

肩の高さで両手の指を組み、組んだ手を前へと突き出すように伸ばす

 

組んだ手を、今度は手の平を外側に向けてゆっくり前方に伸ばす

 

腕を元の位置に戻し、同じ動作を5回繰り返して行う

 

吃音

 

 

上にあげたストレッチは、それぞれが簡単な動作ですぐに行えるものです。
一つ一つが独立した運動ですが、
いくつかを組み合わせて行うと効果もアップします。

 

立った体勢でも椅子に座った状態でも気軽に行えます。

 

 

もっとストレッチにチャレンジ

次は、もう少しだけ複雑なストレッチにチャレンジです。
複雑だといっても、そう難しい動作はないので
上のストレッチから発展したものとして気軽にやってみて下さい。

 

 

腰とお尻、太腿と膝をほぐすストレッチ

 

まずは壁に向かって真正面に立って、腰を起点に前屈する

立った姿勢でつま先を前に向ける。
太腿の裏側に軽い伸びを感じる程度に、少しずつ前に屈んでいく。

 

膝は軽く曲げて、腕と首は力を抜いておく

無理のない姿勢でゆっくりと体を伸ばすのがポイント。

 

真正面の壁に左手をつき、左足だけで立つ

右足は膝から後ろに曲げて、片足立ちの状態になる。

 

曲げた足のつま先をお尻の方へ引っ張る

右足のつま先を右手で持って、曲げている右足をお尻の方へ引っ張る。

 

ステップ3に戻り、前屈姿勢のまま左右を入れ変える

左足を曲げて、そのつま先を左手で引っ張る。
この引っ張る動作を左右二回ずつ繰り返して行う。

 

吃音

 

 

背中、腰をほぐすストレッチ

 

座った姿勢であぐらをかく

肩や腕の力は抜いて楽にする。

 

両肘を体の前に出し、上体を前に倒す

両腕の拳を握って内側に、胸のあたりに向けて曲げる。
同時に両肘を前方に押し出すようにしながら
ゆっくりと腰を折って上体を倒していく。
この時無理はせず、上体は倒せるところまで倒す。

 

上体を戻し、同じ動作を繰り返す

しばらくそのままの姿勢を保った後で上体を戻し、
これを5回繰り返す。

 

吃音

 

 

全身をほぐすストレッチ

 

床に仰向けに寝転がる

この時全身の力は抜き、両手は頭の上に伸ばしておく。

 

両手の先とつま先をそれぞれ伸ばす

両手は頭の上の方へ、つま先は体の下の方へと伸ばしていく。
しっかり腕や脚、体を伸ばしたら、伸ばすのを止めて楽にする。
この体を伸ばす動きを3回繰り返して行う。

 

吃音

 

 

ここで紹介したストレッチをすべて一度にやるのは大変なので、
毎日何種類かを組み合わせて行いましょう。

 

仕事や勉強の合間に気分転換をかねて行うのもいいですが、
お風呂上りで体がほぐれている時にやれば効果がアップします。

 

ストレッチで体と緊張をほぐし、話し下手を解消しましょう。


 

 

 

 

吃音改善