閲覧数人気ページランキング

自宅で治せた!〜ひな子の克服体験談

私の吃音克服体験談を語ります。

 

自分がどもりである事に気づくまでと気づいてからの気持ちの変化、
自分で、自宅で治せたお金のかからない治療法の紹介、
そして治療が効いて吃音が改善されたところまでをお話します。

自宅で治せた!〜ひな子の克服体験談記事一覧

最初にも話しましたが、私は自覚がないままにどもっていた・・・吃音を発症していたのです。何も知らないままに悩む毎日は自分の話し方や体に欠陥があると考えて、恥ずかしくて落ち込んでいました。この、一人で悶々と悩む日々は小学校の5、6年生時にはじまり、治療することを思い立って行動を起こす高校生の頃まで続きます。言葉が上手く出ない、上手く話せない私が、自分が人より上手く話せないことに気づいたのは小学校4年生...

中学校で自分があがり症だと分かり、さらに悪化していくどもりに私の悩みも深刻になっていきました。思春期まっただ中の年齢ということもあります。人の目が気になり、人の目に映る自分が気になって、話すのが下手な自分はきっと変に見られている・・・と悩みました。人前で話したり何かする機会も増え、そのたびに苦痛を覚えたのです。吃音(どもり)を知る高校生になり、学校の図書室で本を読む時間が増えました。小さい頃から読...

吃音とその治療法のことを調べていくと顔の筋肉をトレーニングして症状を改善する方法が見つかりました。お金もかからず自宅で、自分でできる治療法として私はまずは顔の筋肉トレーニングを試すことにしたのです。吃音と滑舌の関わり吃音の原因のひとつに滑舌の悪さがあげられます。滑舌を良くすることで、すべての吃音の症状が治るわけではないですが、滑舌を良くするためのトレーニングである舌や口のまわりの筋肉トレーニングで...

前のページで紹介した筋肉トレーニングをはじめた私ですが、ほかにもあわせて治療を行った方が効果があるのではないかと考えやはりお金がかからず自宅で一人でできる方法を探しました。そうして見つけたのが、「腹式呼吸」による改善でした。腹式呼吸とは?呼吸には二種類あります。それが「胸式呼吸」と「腹式呼吸」です。二種類の呼吸の違いはどういったものなのかというと、胸式呼吸肋骨を広げたり閉じたりすることで行う呼吸で...

顔の筋肉トレーニングと腹式呼吸での治療で私のどもりは、かなり症状が治まってきました。ただ、やはりあがった時にはひどくどもってしまい何とかこれを改善したいと、その方法を探したのです。そうして有効な治療だろうと考えてはじめたのがイメージトレーニングによる治療です。セルフイメージを変えよう「セルフイメージ」というものをご存知ですか?まずはこの、セルフイメージの説明から行いますね。セルフイメージ人は誰しも...

どもりの治療法を探した結果、ここまでに紹介した3つの方法・・・「顔の筋肉トレーニング」「腹式呼吸」「イメージトレーニング」を私はそれぞれ半年ほど続けました。その効果があって、私は吃音症を改善することができたのです。スピーチ、成功!私の通っていた高校ではスピーチ大会がたびたび開かれることを先に話しましたが、冬に開かれる全校大会のためのクラス予選会が、各クラスではじまっていました。いつもなら非常に憂う...

 

 

吃音改善