閲覧数人気ページランキング

遺伝による吃音とは?

吃音 遺伝

 

どもりは遺伝するのでしょうか?
どもりを患っている人がいる家にはどもりを発症させる人が
やや多い割合で生まれる、という調査結果は出ています。

 

遺伝による吃音とは、はたして存在するのでしょうか?
ここではどもりと遺伝の関係を見ていきたいと思います。

 

 

吃音は遺伝するのか?

まず最初の問題は、どもりは遺伝によって生じるかどうかです。

 

 

遺伝する?

上で述べた通り、家族にどもっている人がいる場合に
どもりを発症させる確率はやや高めです。
50%の確率で発症すると言われる場合もあります。

 

この結果から、どもりの遺伝はあると考えられるでしょう。

 

 

遺伝ではない?

吃音 遺伝

ですが、すべてが遺伝のせいだとは言い切れません。
なぜかというと、どもるのは家庭や周囲の環境や
習慣、それに家族から受ける影響が大きいからです。

 

どもりがその家系に伝わっていくのは遺伝ではなく、
その家自体の環境や習慣、しつけ、
家族とのかかわりなどの
社会的、
または環境的な要因によるものだという考え方もある
のです。

 

吃音が遺伝するかどうかは、
いまだに研究中である部分が多いと言えるでしょう。

 

 

吃音に影響を与える遺伝子

先に、吃音者のいる家系がどもりを発症しやすいのは
社会的、環境的な要因が原因であると紹介しましたが、

 

どもりに影響を与える遺伝子というものは存在しているのです。

 

吃音 遺伝子

これは近年になって発見された、吃音の原因遺伝子です。

 

どもりの発症にかかわってくる遺伝子自体は多いのですが、
これが原因だと特定できるものは
今まで見つかっていませんでした。
しかし数年前に海外でどもりの原因遺伝子が特定され、
現在も研究がすすめられているのです。

 詳しくは「BBCニュース」(同Google日本語訳版)、

 「PubMed」(同Google日本語訳版)をご覧下さい。

 

内容としては、どもりを引き起こす三つの遺伝子を固定し、
その内の二つはGNPTABとGNPTG遺伝子であり、研究が進めば
どもりの効果的な治療法が見つかるだろうことが書かれています。

 

 

また、幼児の吃音には
発症にかかわる遺伝子が存在することが確認されています。

 

両親や兄弟姉妹にどもりがあると、通常の三倍ほどの確率で
子どもがどもりを発症するという研究結果が報告されています。

 

 

遺伝による吃音とは?

親や家族がどもりを発症していた場合、
どもりを生じさせてしまう確率は高いです。

 

吃音 遺伝

しかしそのすべてが遺伝によるどもりではなく、
環境や周囲とのかかわり、
しつけなどによって発症するものも多いのです。

 

したがって、家族がどもりを患っていて
自分もどもりであっても

決してそれは遺伝によるものとは限りません。
本人にも周囲にも正しいことは分からないのです。

 

遺伝によるどもりを治す方法は現在確立されていません。
ですが、環境や周囲の影響によって発症するどもりは
治療を行うことで改善できるのです。

 

「遺伝のせいなので治らない」と諦めてしまうよりも
改善すると信じて積極的に治療に取り組みましょう。


 

 

 

 

吃音改善